GitLabとJenkinsを連携させているならGitlab9.3へのアップデートは様子を見たほうがいいよという話(解決)

サーバ管理者の皆さんこんにちは。
表題のとおりなのですが、GitLabをアップデートしたらJenkinsとの連携がうまくできなくなりました。

2017/07/06 追記

GitLab 9.3.4で解消されました

about.gitlab.com gitlab.com

続きを読む

Twitterアイコンを四角に戻すStylishスタイルシートを作った

Twitterアイコンをどうしても四角に戻したい方々のためにスタイルシートを作りました

gist.github.com

これを適用すれば、あのタカラトミーさんも四角に戻ります!! f:id:tmegos:20170617144806p:plain

続きを読む

Grafanaをサブディレクトリで運用する

Grafanaをアップデートしたら設定ファイルが上書きされました。
というわけでサブディレクトリでの運用方法です。
/grafanaというサブディレクトリでアクセスすることを想定しています。

環境

  • OS: Ubuntu 16.04.2 LTS
  • Grafana: 4.3.2 (apt-getでインストール)
  • nginx: 1.10.0 (apt-getでインストール)

設定

設定方法は以下の2つを参考にしました

Grafana in a subdirectory | Wiretime - Michael Pohl

serverfault.com

Grafana

  • /etc/grafana/grafana.iniroot_urlを編集
root_url = http://localhost:3000/grafana/

nginx

  • serverセクションに以下を追加
  location /grafana/ {
    proxy_pass          http://127.0.0.1:3000/;
    proxy_set_header    Host    $host;
    proxy_set_header    X-Real-IP    $remote_addr;
    proxy_set_header    X-Forwarded-Host      $host;
    proxy_set_header    X-Forwarded-Server    $host;
    proxy_set_header    X-Forwarded-For    $proxy_add_x_forwarded_for;
  }

設定の反映

  • Grafanaとnginxを再起動します。
# systemctl restart grafana-server
# systemctl restart nginx

設定がうまくいっていれば example.com/grafana のようなURLでアクセスできるようになります。
設定に失敗すると、{{alert.title}}のように表示されます。

f:id:tmegos:20170607123805p:plain

Grafanaやnginxの設定で、最後の/が抜けているとうまくリバースプロキシが働かないので注意が必要です。

ぼくがかんがえたさいきょうのMattermost実行環境

※ただしDockerは除く

公式のアップグレードの方法だとconfig.jsondataディレクトリのコピー等が発生していろいろと面倒なので、アップグレードを簡単にするためディレクトリ構成を考えてみました。

ディレクトリ構成

/usr/local/
│   ├─ mattermost (最新のシンボリックリンク)
│   │   └── config
│   │      └─── config.json (/etc/mattermost/config.jsonのシンボリックリンク)
│   ├── mattermost-3.9.0
│   └── mattermost-3.8.0
/etc/mattermost
    ├── config.json
    └── data
  • バージョンが簡単に切り替えられるよう、mattermost本体はシンボリックリンクで最新を向くようにする
  • config.jsondataディレクトリはバージョンが変わっても使い続けるので、/etc/mattermostに退避
    • config.json"Directory""/etc/mattermost/data/"と指定する

アップデートスクリプト

gist.github.com

jQueryでtableの行数を取得する

やんごとなき理由で必要だったのでメモ。

$('対象のセレクタ').prop('rows').length
続きを読む

(非公式) GitKrakenを日本語化してみた

成果物

github.com

適用方法

以下のREADME-ja.mdにも書きましたが、パッチの適用は自己責任でお願いします
GitKrakenの動作がおかしくなったり、起動しなくなったりしても責任は負いません
動作がおかしくなった場合に備え、バックアップを必ず取ってください

続きを読む

SubGitでGitLabにSubversionの歴史を持ってくる

基本的には以下のドキュメントを読んで実行すればOK
importの場合もmirrorのドキュメントの方法を取ればbranchesなどの設定ができます。
(その場合は最後にuninstallの実行が必要)

subgit.com

続きを読む