AWS未経験者が「JAWS-UG鹿児島勉強会Vol.8」に参加してきてしまった

jawsug-kagoshima.doorkeeper.jp

AWSの沼口さんのお話で「ブログを書くまでが勉強会」ということなので、メモ程度ですが内容を書いていきます

session #1 祝!!鹿児島リブート AWSサービスアップデートのまとめ

登壇者:亀田治伸さん(AWS)

aws.amazon.com

  • Amazon Rekognition
    • 学習済みのモデルが利用できるサービス
    • 80%で信頼できる
    • クリティカル(犯罪者の特定など)な場合は信頼度を99%で見る必要がある
      • Amazon Rekognitionと他のサービスを比べている記事は信頼度の設定が異なり、条件が合っていない場合がある

aws.amazon.com

  • SageMaker
    • Jupyter Notebookが簡単に利用できる
    • ハンズオンがRunボタンで簡単にできる
      • 無料枠に収まらないので注意(とはいえ100円程度)
    • AWSの手順書をAWSのJupyter Notebookに書くのがトレンド

aws.amazon.com

aws.amazon.com

session #3 JAWS-UGトリビア

登壇者:沼口繁さん(AWS)

  • JAWS-UGのサポートを仕事としているのはAWS内でも沼口さんひとり
  • AWSの中の人が登壇している場合、基本的にボランティア
    • ユーザを大切にしている
  • アウトプットが大切
  • DoorKeeperのページは大事にしてほしい

LT 大会

  • 菊永さん

    • 学習済みモデルの高速化
    • AMIを使った
    • AWSが一番情報量が多かった
    • CPU 約20s -> GPU 約2s まで速度改善ができた
  • 川原さん

    speakerdeck.com

    • 開発用途で使える
    • 素振りは大事
  • 岡崎さん

    • NFSとは非なるもの
    • セキュリティグループは厳密に設定
    • 通信の暗号化
    • ドキュメントは英語版を読む(古い情報は注意)

    • readは仕様どおりの速度が出る

    • 書き込み 190MiB/s
    • 1ファイルの書き込みは限界がある
  • 平野さん

  • 藤崎さん speakerdeck.com

session #4 受託案件におけるクライアントが求める定番要件 -現場からは以上です-

登壇者:新沼さん(JAWS鹿児島)

speakerdeck.com

  • 最終的にすべてのログはS3に行く

    • データが触りやすい
  • WAFのテンプレートがある

  • リリース対策

    • Line通知からのアクセスがすごい

感想

  • 今回は玄人向けの発表が多く、「私みたいな未経験者が来てすいません」みたいな気持ちになった😨 でも参加してよかった😀
    • 熱量を感じた
    • 機械学習で実際に使ってみたいと思った
  • これだけ学べて参加費無料とかおかしい
  • DoorKeeperのページは本当に整備したほうがいいかも😨

さいごに

今回の勉強会に関わったすべての皆様に、ありがとうございました!